にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

初心者でも分かる信用取引のメリット・デメリット

・信用取引ってそもそもなに?
・信用取引に興味はあるけどなんだか怖くてできない
・信用取引のメリット・デメリットがよく分からない

このように感じている初心者の方もたくさんいると思います。

確かに自分の投資資金より大きな金額で取引ができるようになるので、大きな株価暴落で損失が出たときに一瞬で投資資金が消えてしまうんじゃないかと思ってしまいます。せっかく株式投資を始めたのに一瞬で退場なんてしたくないですよね。

なんとなく信用取引は怖いイメージが先行してしまいますが、結論から言うと資金管理がしっかりとできていれば何も怖いことはなく、むしろ信用取引は株式投資において大きな味方になってくれます

そこでこの記事では信用取引とは何なのか?信用取引のメリット・デメリットも含めて信用取引について解説していきます。

スポンサーリンク

信用取引とは

簡単に言うと、証券会社があなたを信用して資金等を貸し、借りた資金等であなたが取引をすることです。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、あなたの信用の元に成り立っている取引ということです。

信用取引を行うには、まず証券会社に信用してもらわなければなりません。その担保として保証金を証券会社に預けることになります。信用取引を申請するにあたり証券会社からいくつか質問がありますが、その質問にもクリアでき、証券会社の審査に通ると信用取引ができるようになります。具体的な質問事項は以下のとおりです。

・信用取引口座開設時の年齢が満20歳以上ですか?
・株式投資等の投資経験はありますか?
・十分な金融資金がありますか? etc…

証券会社毎に質問事項は若干違うので、信用取引口座を開設する証券会社でしっかりと確認しましょう。大体申請すれば審査には受かるので、誰でも気軽に信用取引を始めることができるようになります。

続いて信用取引のメリット・デメリットについて解説していきます。

スポンサーリンク

信用取引のメリット

信用取引のメリットは以下の3つです。

・約3倍のレバレッジ(資金の約3倍)で取引ができる
・株を売ること(空売り)から始められる
・条件次第で信用取引時における取引手数料等が無料になる

約3倍のレバレッジ(資金の約3倍)で取引ができる

信用取引の一番の魅力であり、自己資金以上の取引ができるので、たくさんの銘柄を物色することができ投資の幅が増える。また、資金不足も補ってくれる。

例えば、100万円の資金があれば約300万円まで取引ができるので、チャンス銘柄がたくさんあれば、自己資金以上に取引ができ、利益を掴むチャンスも増えます。

自己資金以上に取引をする場合は、必ず資金管理を徹底しましょう!

株を売ること(空売り)から始められる

現物取引では株を買って利益をあげることしかできませんが、信用取引では証券会社から株を借りてその株を売り、下がったところで買い戻して利益を得るという取引ができるようになります。これによって下落局面でも利益が狙えるので、チャンスも現物取引の2倍になります。

信用取引口座開設により空売りができるようになるのも大きな魅力の1つです。

条件次第で信用取引時における取引手数料等が無料になる

各証券会社により条件は異なりますが、信用取引において取引手数料や金利が無料になる証券会社もあります。意外と各種手数料は取引回数を増やせば大きな金額になるので、それらの手数料を減らすためにはとても良いメリットです。

スポンサーリンク

信用取引のデメリット

信用取引のデメリットは以下の2つです。

・資金管理ができないと自滅する可能性がある
・信用取引で保有している株の配当金や株主優待はもらえない

資金管理ができないと自滅する可能性がある

自己資金の3倍まで取引ができることから目一杯のレバレッジをきかせて取引し、不意に大暴落がきたときに損切りができなければ一気に資金がなくなります。また、資金以上の損失になると追加で資金(追証)を証券会社に払わなければなりません。

信用取引が怖いというイメージを植え付けているのがこのデメリットになります。そのため資金管理ができない人や損切りができない人は信用取引には注意が必要です。

信用取引で保有している株の配当金や株主優待はもらえない

証券会社から借りたお金で株を購入しているので、残念ながら配当金や株主優待はもらうことができません。そのため、長期投資スタイルの方には信用取引は不向きです。

長期投資の場合は、期限の縛りもなく配当金や株主優待の恩恵を受けることができる現物取引でポジションを持つ方が望ましいです。

スポンサーリンク

まとめ

信用取引は適切に運用することができれば、大きな味方になってくれます。信用取引のデメリットもしっかりとした資金管理(適時適切な損切り)許容範囲以上のロットをかけない等をしっかりと実践していれば全く怖くはありません。

信用取引で自分のキャパシティーにあった取引を行い、ムリのないトレードで利益を伸ばせるように頑張っていきましょう!(^o^)/

 

コメント

  1. 白木義憲 より:

    数あるブログの中で最も有意義な投資方法を教えてると思われます、私はある程度デイトレをしていますが、テクニックを教えて頂けら嬉しいです、宜しくお願いします。

    • キョウ キョウ より:

      はじめまして、コメントありがとうございます!!

      このように言っていただけるとブログを書いて本当に良かったと思います(^_^)ブログに関しては思ったことをありのままに書いているので少しでも参考になれば幸いですm(_ _)m

      また、僕も基本デイトレをしているのですが、毎回重視していることがあります。テクニックというわけではありませんが、トレードでエントリーしたときに思った方向と違った方向にいけばすぐに損切りすることとトレードでエントリーすることを躊躇しないことです。でも後者は今でもビビってしまい躊躇してしまうことがあるので少しずつ改善しています。前に長い長いトレード恐怖症だった時期もあるのでその後遺症かもしれませんw

      回答になっていないかもしれませんがまたコメントして頂けると幸いですm(_ _)mこれからもよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました