にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ

株初心者がやってはいけないことや失敗例【反面教師にして投資を有利に!】

・エントリーした瞬間に急落に巻き込まれ大きな損失を出してしまった
・損失が膨らみ投げた時が底値でみるみる株価が上がっていき保有していれば利益が出ていた

株式投資においてこのような失敗はつきものです。特に初心者はまだ経験も浅く、いろいろと慣れていないことばかりで機関投資家たちのエサにされてしまいます。

そんな初心者ができる限り損失を少なく抑えて利益をあげていけるように初心者がやってはいけないことや失敗例を紹介していきます。以下の内容を反面教師にして投資を有利に進めましょう!

スポンサーリンク

株式投資で初心者がやってはいけないことベスト7

・損切りラインを下回っても損切りせずに塩漬けにする
・負けているときにロットを上げて損失を取り戻そうとする
・負けているときにボラティリティーの高い銘柄にエントリーする
・ネット上にある〇〇銘柄が上がるという情報を信じて買う
・急上昇株に飛び乗りエントリーする
・感情的なトレードをする
・含み益が出たらすぐに利益確定してしまう

以上の7つが特に初心者がやってしまい、結果として失敗してしまう例です。なぜこれらがダメなのか解説していきます。

損切りラインを下回っても損切りせずに塩漬けにする

塩漬けにする行為は最も初心者がやりがちのダメな例です。

損切りは精神的な痛みが伴うのでとても苦痛に感じますが、損切りができなければそのまま塩漬けになり、投資資金も塩漬け銘柄に拘束されてしまいます。拘束され投資資金が不足することにより、株価が下がったときや絶好のチャンスで株を買うこともできず、指をくわえて上がっていくのをただただ見ることしかできません。

また株価はどこまで下がるかも分からず、保有していれば購入したときの株価まで戻る保証も一切ありません。その時の損失は非常に大きなモノになります。

塩漬けにする行為はこのように大きな機会損失や大きな損失も生むので、デメリットしかありません。

スポンサーリンク

負けているときにロットを上げて損失を取り戻そうとする

負けているときにロットを上げる行為は基本的に逆効果で更なる損失を被り兼ねません。いつもと違うロットでトレードをすることにより、通常時の利食いと損切りの感覚が狂ったり、感情(怒り、恐怖など)の影響を非常に受けやすいため、適切な場所で利食いや損切りができない可能性が生じてしまいます。

また、ロットを上げたことにより許容できない損失を被る可能性があり、その際の精神的ダメージはその後のトレードにも影響を与えてしまい良いことは全くありません。

場合によっては大きな損失により、一発退場の可能性もあります。負けても許容できる範囲でトレードを行いましょう。

負けているときにボラティリティーの高い銘柄にエントリーする

適切な場所で損切りができるならボラティリティーの高い銘柄にエントリーするのは問題ありませんが、初心者はなかなか損切りができないことが多いです。そのため、ボラティリティーの高い銘柄で良くある急騰急落時に適切な対処ができず、危険なトレードになりかねません。

数秒で数百円も株価が動くときはザラにあるので、初心者が触ると必ず火傷をして失敗します。

ネット上にある〇〇銘柄が上がるという情報を信じて買う

こういう情報は基本的に釣りなので、絶対に手を出さないほうがベストです。

誰かが少しでも高い価格で売りたいためにこのような情報を流し、イナゴが群がるのを待っていますが、少しだけ上がっても大体は下落していきます。

正直買うだけムダなので初心者に限らずこういう銘柄を取引するのは止めましょう!

スポンサーリンク

急上昇株に飛び乗りエントリーする

バンドワゴン効果でどこまでも株価が上がっていくように感じますが、株価は上昇すれば必ず下落するときがくるので、ある瞬間にすさまじい売りが入り一気に下落します。急騰した株は下落するときのスピードも速く、その売りで売りが売りを呼び大暴落するので、高値で飛びついていた場合は相当な損失を被ります。まだトレードに自信のない間はできる限り避けた方が良い銘柄です。

感情的なトレードをする

喜怒哀楽全ての感情がトレードに悪影響を与えます。様々な感情が取引の邪魔をすることにより適時適切なトレードができなくなります。

例えば、絶好の買いポイントなのに『まだまだ下がるかもしれない』という恐怖の感情が邪魔をして買えず、結局予想したとおりに株価は上昇してしまったという経験はあると思います。これは大きな機会損失なので、トレード中は極力感情的になるのは控えた方が良いです。

含み益が出たらすぐに利益確定してしまう

株式投資の格言で『損小利大』という言葉は有名です。含み益は可能な限り伸ばさないと自分で期待値を下げていることになります。期待値の高いトレードを繰り返さなければ利益を伸ばしていくことはできません。極力利益を伸ばすことを意識しましょう。意識するだけでも良いトレードができるようになります。

スポンサーリンク

まとめ

初心者のうちはいろいろと経験するのもいいと思いますが、損失を出しすぎて即退場になると元も子もありません。

これらのやってはいけないことを参考に初心者のうちはできる限り損失を減らし、利益を上げることを目標に頑張っていきましょう!(^o^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました